« August 2009 | Main | October 2009 »

熊鷹山登山

昨日登れなかった、熊鷹山へ行ってきました。
まずは駐車場を目指すのですが
この道がヒドイ!
クロカン車じゃないと普通に走れないよ・・・
キューブはタダでさえ最低地上高が低いのに
うちのはNISMOのS-tuneサスキットを
入れてるのでなおさらです(´・ω・`)
慎重にルートを選びながらの走行は
かつてのキャメルトロフィーを思い出しました。
アスファルトが途絶えてから、30分ほどかけて
ようやく小戸口駐車場へ到着。
Img_1549 Img_1550 Img_1551
この車の脇の道を沢沿いに登っていきます。
Img_1555 Img_1557
昨日の三滝の途中にもあったが
ここにもわさび畑がありました。
水が綺麗な証拠ですね^^
Img_1559 Img_1559_2
ここらへんから登りがきつくなっていきます。
Img_1562
登りのキツイ沢沿いなんで滝が多いですね。
Img_1564 Img_1565
登山とはこういうものなのか・・・登りばっかりだw
Img_1567
しかも傾斜が結構キツイよ。
帰りのルートのいちろう新道との分岐。
Img_1568
小坂水神宮なるものがありました。
Img_1574 Img_1575
夫婦杉
Img_1579
ここら辺から沢から離れていきます。
Img_1581 Img_1584
ヒーコラ言いつつ、蜂の脅威にもめげずに
ずんずん登っていきます。
こういう足場の悪い場所だと
本当に登山靴のありがたみが増しますね。
さかいやスポーツと石井スポーツの店員さんに感謝!
ガレ場?の沢を登りきり、風景が一変します。
Img_1585
笹が多く生息していて、名前の通り熊が出そうw
ココから先は急な登りではなく
こんな感じの道を登っていきます。
Img_1588 Img_1589
さて最後の分岐です。
Img_1591 Img_1592 Img_1593
そしてこの鳥居をくぐって登りきると・・・
Img_1594 Img_1596
ついに念願の熊鷹山山頂到着~♪
パフパフパフドンドンドンッ♪
Img_1598 登頂タイムは約2時間。
さっそく山頂にあるやぐらに登ってみます。
Img_1599
やぐらからの360度大パノラマをどうぞ。
Img_1604 Img_1605 Img_1608
Img_1606 Img_1607
昨日は曇ってたので大人の事情によりw
今日になって本当によかった!
本日の装備
Img_1609
といっても、登山用のザックはこれしかないw
水500ml*2 ヴァームウォーター500ml*2
アミノ酸カルピス500ml*1
と水分多目にもってきて何気に重かったよ。
ついでなんで食料も書くと
ドライフルーツ(キウイ)*3、ソイジョイ*2
柿ピー(ミニ)*3、カロリーメイトみたいなの*3
キャラメル(グリコアーモンド)*1
最終的には全部半分くらい消化しました。
ここまで登ってきて、人とは一切会わず。
(昨日は二人とすれ違った。)
山頂のやぐらで仁王立ちしながら
ソイジョイをかじっていると
熊除けの鈴の音が聞こえてくる・・・
おぉ~ようやく人を発見w
この方としばらく歓談の後、帰りのルートの
丸岩岳へ向けて出発。
稜線をゆる~くヤブ漕ぎ風に進みます。
Img_1610
分岐
Img_1611 Img_1612 Img_1613
まだまだゆる~く進みますが
ゆるすぎて、集中力がなくなってきます。
Img_1614 Img_1615 Img_1616
熊鷹山山頂より50分ほどで丸岩岳山頂に到着。
Img_1617
さて、ここからが本当の下りルートです。
Img_1618 Img_1620
下りはやっぱしきついな~・・・そして分岐。
Img_1621 Img_1622
ここの道はきつい・・・登のも大変だと思う。
Img_1623 Img_1625
両サイドが断崖の怖い道
Img_1627 Img_1631
ここから最後の沢下りです。
Img_1630
生命の神秘を感じました。
Img_1632
ここらへんでルートを間違えたらしい。
しかし、先駆者もいるらしく
それっぽい足跡を頼りに沢まで降りました。
行きには気がつかなかった11本杉。
Img_1637
紅葉までもう少し
Img_1638
これまた行きに気が付かなかったまな板の滝。
Img_1644 Img_1647
ということで、無事駐車場まで戻ってきました。
熊鷹山登頂:約2時間
熊鷹山→丸岩岳:約50分
丸岩岳→下山:約1時間50分
走破時間:約4時間40分
いや~疲れた疲れた^^
でも、帰り道も神経使うんだよな~・・・
道がこんなんだからw
Img_1648

熊鷹山登山動画

食事シーン

| | Comments (10435) | TrackBack (0)

登山デビュー!?

今日はついに本格登山を敢行すべく
準備万端整えて、いざ出発!
目的地はうちから、ほぼ一本道でいける場所にある
栃木県の熊鷹山・・・

AA略

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ! 
『おれは熊鷹山に向かって走っていたと
      思ったらいつのまにか三滝にいた』 
な・・・ 何を言ってるのかわからねーと思うが 

おれも何をされたのかわからなかった 
頭がどうにかなりそうだった… 

超スピードだとか催眠術だとか 
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ 

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

Img_1464
まぁぶっちゃけると道間違えましたw
ここから熊鷹山へいくルートもあるのですが
初心者というか、本日登山デビューのうちには無理w
と、いうことで素直に三滝を拝見しに行く事にしました。
佐野市の観光情報のHP
Img_1467 Img_1470
まずは西沢駐車場から歩いて登山道を目指す。
Img_1479
水がすごく綺麗です。
Img_1480 Img_1487
美味しい湧き水もあります。
Img_1489
口当たりのやわらかい水でした。(エビアン系)
いよいよ登山口です。(ハイキングコースですがw)
Img_1492 Img_1493
途中までは整地された道が続きます。
Img_1494 Img_1498 Img_1501
野生のサルがいたのですが、さすが野生!
シャッターチャンスをくれませんでした。
Img_1496
普通のデジカメでこれですから
大泉洋のコスタリカの写真撮影には脱帽ですw
駐車場からのんびりと歩いて約1時間で
白ハゲ口広場到着。
Img_1502 Img_1503 Img_1504
行きは山のコースで帰りは、川のコースと周回します。
先ほどまでは整地された道でしたが
ここからいよいよ登山靴の本領発揮です。
Img_1505 Img_1506 Img_1510
分岐まできました。
Img_1511
山コースへGO!
Img_1512 Img_1514 Img_1516
またしばらく歩くと、また分岐。
Img_1518 Img_1519
肉眼じゃないとなかなかわかりにくいですよね^^;
Img_1521 Img_1522
しかし、こんな山の中にこのような標識があろうとは
山を歩かない人にとってはビックリですね。
そして目的地の三滝を眺望できる
展望台へ到着しました。
Img_1523 Img_1525 Img_1526
ここからあとはずっと下りで川コースと合流。
Img_1530
そしてついに・・・
Img_1540 Img_1532 Img_1534
帰りは川のコースを帰ってきました。
時間的には圧倒的に川のコースが早いですが
道がちょっとだけ険しいですね。
帰りに道端にサルがいたのですが
うちの姿を見てダッシュで逃げたのですが
落石のおまけは危ないのでいりません><
そんなこんなで無事帰宅。
走破時間:約3時間

動画も撮ってみました。

三滝

| | Comments (4351) | TrackBack (0)

唐沢山

約一月ぶりの更新・・・ご無沙汰です^^;

最近はコレといって特筆すべき事もなく
ダイエットの方は体重は変わりませんが
筋トレを多めにしてまして
脂肪→筋肉と置換してるので
いくぶん引き締まった体になりつつあります。

自転車のほうは先日、金山にヒルクライムに行って
タイムが以前よりも悪くて凹んだくらいですね。

んで本日は久しぶりに新しいコースを開拓すべく
佐野方面へ自転車で行ってきました。
佐野のイオンでたいやきを食べて休憩したあと
唐沢峠へアタックです。
峠道の途中にダチョウがいてビックリ!w
ヒルクライムは流石にしんどいけど
風が気持ちいい・・・つーか登りでの向かい風はちょっとw
そんなこんなで峠へ到着。
P1000250_2 P1000252_2 P1000255
山頂には唐沢城跡があり、今は神社になっている。
P1000256
金山もそうだったが、こういう場所ってなんか好き^^
さて、つらい登りのあとは、ご褒美のダウンヒル!
しかし、肋骨骨折の前科があるので
速度は自重^^;
帰り道に道の駅のどまんなかたぬまでたいやきを・・・
と思ったが、こちらも自重した。
なかなか楽しい周回コースで、イオンもあるし
道の駅もあるしで、結構いいかもね~。
走行距離:51.5km
走行時間:2時間33分
総合時間:約3時間半(休憩含む)
ルートはコチラ↓

帰宅後、フィニッシュラインのチェーンクリーナー
チェーンのメンテをした。
ピッカピカ~で気持ちいいね!

#######

ジムのプール仲間の人に梨農園の方がいて

自称北関東一の梨好きなうちは

ここ3週ほど、毎週梨を買いにいって梨三昧♪

毎回たくさんのオマケをいただいて感謝感謝。

しかし、梨はうまいな~~~!

| | Comments (7166) | TrackBack (1)

« August 2009 | Main | October 2009 »